留意点

デスクに置いた手

特許申請でも商標登録でも、出願する際にはさまざまな留意点を心がけることで、許可が下りやすくなります。

まずは独自性があるか考えてみましょう。商品開発をする際、まだどこも作っていないような商品ができれば強い独自性が示せます。
商標登録を考える上では、その商品のターゲットを良く考えてターゲットとマッチするようなものになっているかがポイントです。
ターゲットとする消費者の年齡や性別、職業などの分析を行い、その人達が親しみを持ってくれるかなどを市場調査してみましょう。

使いやすい商品であるかは最大のポイントとなります。見やすさ、覚えやすさ、効きやすさ、親しみやすさなど、万人に受け入れやすいものが成功します。 (さらに…)

役割

書き込む男性

特許申請と合わせて商標登録をしておけば、鬼に金棒です。その発明品やロゴマークなどは、もう誰も使うことが許されません。
安心して生産に取り組むことができます。特許申請や商標登録とは、アイデアを盗まれないためのものだと考えるといいでしょう。

商標の持つ役割は、それだけではありません。出所表示機能、品質等保証機能、広告機能といった役割があります。
出所表示機能は、同じ製造元であることの証明となる機能です。品質等保証機能とは、その商品が常に同じ品質だと証明する機能です。これにより消費者へ信頼感を与えることができます。
広告機能は、その商品を使って広告を出したり、提供することが出来るという許可のようなものです。 (さらに…)

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930